不動産売買に掛かってくる仲介手数料について

不動産を買うときや売るときには、それぞれ仲介手数料が掛かります。
仲介手数料は法律でその上限額が決まっています。
売買価格が高額な場合は、大きな額となることがあります。
通常不動産会社に依頼することが多いのですが、新築建売を購入する場合には仲介がありませんから掛かりません。
仲介手数料は売買代金の3%+6万円ですが、あくまでも上限ですから、売るときにも同じ仲介不動産会社に依頼するという条件や交渉次第では値引きをしてもらえることが可能です。
また、家を貸すときや借りるときにも仲介手数料は掛かります。
これも法律で定められていて、それぞれ賃料の半額程度になります。
宅地建物取引業者である不動産会社には、貸主と借りる人の双方から合計一か月分ほどの手数料が入るわけです。
不動産の売買や賃貸の場合、売り主や貸主は買い手や借り手を探さねばならず、それは到底個人の力では出来ません。
そこで中を取り持つ仲介不動産会社が必要になるのです。
仲介手数料とは、いうなれば不動産会社に支払う成功報酬といえます。