増え続ける空き家問題を解決するビジネス

昨今、放置された空き家が日本全国に増えています。
多いのは、所有者が高齢者で、ご本人が施設などに移った後放置されているケース。
もしくは、既に相続されているけれど、共有持分になっていて処遇について所有者間の合意に時間がかかっているケースです。
こうした空き家は、近隣に対して非常に迷惑な存在になりつつあります。
一番多いトラブルが樹木の枝で、例え隣の敷地に樹木が侵入しても、入られたほうは法律上勝手に切れません。
法律上、宅地内の樹木は財産にあたり、勝手には出来ないのですね。
不法投棄や放火の懸念もありますので、空き家はとても放ってはおけません。
そうした問題を踏まえて、新しいビジネスも生まれて来ています。
例えば一定の月額を払えば、毎月空き家を巡回して、問題があれば報告し、解決のための仲介を行うようなビジネスです。
別途費用を払えば樹木の手入れやポストの清掃、ゴミの処分なども行います。
多くは採算性が合わず頓挫しているようですが、これからの日本には必須の業種なのかもしれませんね。

今、起業したいと思っている方はご相談ください
起業する際のアドバイスを聞いてみませんか?

メンテナンスも羽田へ
定期的な検査でお客様のコンプレッサーを長持ちさせます

ふかふかの寝具で疲れを取りたいなら
ベッド通販.comでふかふかなベッドを購入できます